株式個別銘柄分析

コロプラ(3668)ドラクエウォーク好調を受け株価上昇

ドラクエウォーク

「ドラゴンクエスト」の新作スマホゲーム「ドラゴンクエストウォーク」のサービスが2019年9月12日にリリースされ、500万ダウンロードを早くも突破、大きな話題となっています。
AppStoreのゲームランキングでも首位を維持していて、絶好調の出だしとなってます。

これからの株価はどうなる?

8月に600円だった株価も、現在982円。
上昇余地はどこまであるだろうか?
「ドラクエウォーク」の好調ニュースが出ればまだまだ上昇していくことが期待される。
逆にこの状況で700円、600円と押し下げて、再度上昇を目指す形は考えずらい。
要は、ふるい落としをするにはまだ早いのではないか?と思ってます。

ふるい落としがあるとすれば、まずは終値で1,000円をしっかり超えて
「GU超高値から機関投資家の叩き売り」みたいなことを想定しています。

トレードの難易度は高めになると思います。
安易に考えると日中の値動きも激しいので、簡単に餌食になります。

トレード時の注意点

状況的にもう一段上げても違和感はないです。
上げすぎに見える時こそさらに上げるものです。
ただし、市況が悪かったり出来高の変化、板状況をしっかり確認しながらのトレードをお勧めします。
日中足でストップ高を付けるも後場で剥がれ1,000円以下での終値になった点も少し気になるところです。単純に週末利確が出ただけであればいいですが、1,000円という値幅制限の変わる価格を挟むことになった点に引っかかりを覚えますよね。

入る場合は全力買いは避けましょう。
これは間違いないアドバイスになると思います。

では、明日を楽しみにしましょう!!

結果を確認してみましょう。(2019/10/25)

この記事を書いた頃が、株価1,000円手前。

そこから2,000を目指し、上髭を形成した。

出来高は、上髭を作った日をピークに半減しながら、ジリジリ下げているよく見る形。

移動平均線に支えられながら再度上昇をするか、ヨコヨコするかといった状況。

買いの勢いはもう既になさそう。後は空売り勢が多いので、その買い戻しでどこまで株価が上がるかといったところ。

引き続きウォッチしていきたい。

この記事が『参考になった!』って方は応援クリックお願いします。


金融・投資ランキング