負け組の方へ

ポジポジ病からの脱出方法

ポジポジ病とは

ポジポジ病とは、大体いつもポジションを持っている人の事と言っていいでしょう。
皆さんはトレードとトレードの間にどれくらいの期間がありますか?


ポジポジ病患者は、何かしらのポジションを持っていないとうずうずしてしまい、ほとんどのノーポジションという場面を持ちません。


寝る前でも、お酒を飲んでいても関係なくスマホでレートをチェックしてはエントリーしています。
PCの前に座れば、待つことができずに自分に都合のいい解釈で何度もエントリーしていきます。


単純にエントリーする場面を多く持っているということでしょう。
逆に言えば、エントリーの精度は低く、欲望のままエントリーをしているとも言えます。


特に、投資と言っても『実態は感情のままのギャンブル』をしている人がポジポジ病になりやすい傾向があります。

なぜポジポジ病になってしまうのか

原因はいくつかあるともいますが、大きくは3つに絞れるでしょう。

①トレードが楽しい=ギャンブルとしてのトレード

②優秀なトレーダーは、毎日沢山のトレードをして大きな資産を形成しているという勘違い

③ノーポジションの状態で思惑通りに動くと機会損失をした気分になってしまう

①トレードが楽しい=ギャンブルとしてのトレード

楽しいことはたくさんやりたい。様子見なんてつまらない。
チャート眺めているなんてやってられん!という状態の人がこれです。


休日にスロットを打ちに行き、いい台がないなーと思いながらも打ってると楽しいのでついつい座ってしまうスロッターと一緒です。トレードが娯楽になっている人ですね。


娯楽としてののギャンブルトレーダーは間違いなく退場します。
楽しさを求めるあまり多くのエントリーを過剰なロットで行うのです。
待っているのは退場のみです。退場までのカウントダウンとは知らずに娯楽を楽しんでる感じ。
ごくまれに大勝を残す人がいるのも事実ですが、結局作った資産を守り切れる人はまずいないでしょう。

②優秀なトレーダーは、毎日沢山のトレードをして大きな資産を形成しているという勘違い

これは『実績のあるとトレーダーはしっかり待つ』という事実を知らないということです。


実績のあるとトレーダーは『PCの前でパチパチマウスを操作し、一瞬で大きな金額を何度も何度も稼いでいる』と勘違いしているケースです。


常にエントリーポイントが転がっているわけではありません。
待つことをしないでエントリーの精度が上がることなんてないんです。


それでも、多くの人が頻繁に取引を行いポジポジ病患者となっていきます。

③ノーポジションの状態で思惑通りに動くと機会損失をした気分になってしまう

チャートを前にするとポジポジ病の人は、大きな値動きに過剰に反応してしまいます。


仮にノーポジションの場合、急に50pips動いた場合などはあの時入っていれば「〇〇円稼げていたのに・・・」と肩を落とすわけです。
そしてこの先100pips動いたりした日には肩が地面に着くまで落ちる。
だから急いで飛び乗ってエントリーをしてしまう。こんな心理です。


こう書くと明らかに「ドウシヨウモナイ」、「トレードに向いていない」と思いますが、
こういう方は意外と多いです。
というか初心者は皆ここから始まってるんじゃないですかね?


もちろん僕もそうでした。


ちなみに、この状態の人は、雇用統計相場などの経済指標を好みます。


①と③の複合状態。
この状態では勝ち組トレーダーまでは程遠いステージにいると言うことになります。

精度を上げながらエントリー回数を減らす方法

では、ポジポジ病を回避する方法はないのか?
どうしたら素人トレーダーから抜け出せるか?


それは、「収支表を細かくつける」ということです。


え?そんなこと?と思いましたね?
これは意外と簡単なことではないです。面倒くさいです。
でもそこがポイントです。
あえて負荷のかかる面倒くさい収支表にする事が重要です。


収支表の目的は2つ
①収支の集計を行うという一般的な効果
②細かい項目を収支表に掲載することで収支表の作業を面倒だと自分に思わせる効果


たくさんエントリーすればするほど収支表の作成が面倒になります。
基本的にはノーポジション。
ここは面倒でも入りたい!と思った時だけ面倒な収支表を付けてトレードを行う。
これでエントリー数をかなり絞ることができます。


収支表を面倒にすればするだけ絞れるという構造をまず作ってしまうんです。
言い換えると『負荷をかけて欲望を制限する』ということ。
これは非常に健全です。さらに収支表にもう一工夫すれば自然と結果がついてきます。


そもそも負け組トレーダーには、この収支表をつけるというルールを守ることすら困難です。
それが、負け組が負け組でい続ける理由でもあります。

収支表はエントリー前にエントリーレートとOCO注文を入れないといけません。
エントリー後はそのトレードの結果を入力するだけの状態にします。
そうしないと、結局収支表は「後でいいや!ポチッ!!」結局ポジポジ病に舞い戻りますw
さらに、収支表の存在も忘れて収支をつけなくなります。
気をつけましょう!!

参考記事はこちら

この記事が『参考になった!』って方は応援クリックお願いします。


金融・投資ランキング